空室保証のある不動産経営|貸主にとってメリットたっぷりのみんなで大家さん

貸主にとってメリットたっぷりのみんなで大家さん

男の人

空室保証のある不動産経営

マンション

不動産経営のポイント

マンション経営を順調に行うためには空室を出さないことです。大規模マンションの場合は戸数が多いので部屋が1つや2つ空室になっても、他の部屋の家賃収入でカバーできます。ただし数室となると収益の悪化につながるので、すぐに手を打つ必要があります。またマンション経営では管理の仕方も重要になります。公共スペースの掃除や設備のメンテナンス、家賃の回収業務など規模が大きくなればなるほど管理の仕事は大変です。これらのことをスムーズに行うためには信頼できる不動産管理会社と提携することです。特に空室が出た時の補償をしてくれるサブリース契約ができる管理会社と提携すれば、安心した経営ができます。サブリース契約というのは、空室が出た時に家賃保証をしてくれることです。

安心できる不動産経営

不動産管理会社とサブリース契約を結べば、もし空室が出た時に家賃を保証してもらえます。この場合、全額保証ではなく家賃の8割程度が一般的です。8割でも家賃収入があるわけですから、空室のままにしておくより遙かに有利です。サブリース契約をする時には契約内容を吟味する必要があります。特に検討すべきなのはサブリースの契約期間です。長ければ長いほどオーナーには有利になります。また契約の更新時期が短いと、サブリース契約の内容が変更になることがあります。長年サブリース契約を取り扱っている不動産管理会社なら安心して任せることができます。管理業務もこなしてくれますし、それだけの管理料を支払ってでも提携する価値は十分にあります。